JRC花いっぱい運動

 本校のJRC同好会は、1年生9名、2年生18名、3年生16名の合計43名で活動しています。生徒会活動や部活動を行いながら取り組んだり、ジュニアリーダーをしながら取り組んだりと、それぞれの形で参加しています。 
 校内では、緑化活動として昇降口と最寄り駅に花を植えて水やりをするほか、募金活動やリサイクル活動も行っています。校外では、JRCのトレーニング合宿に参加したり、さまざまなボランティア活動やや募金活動をしています。
 6月20日と22日の放課後には、マリーゴールドの花苗を植えました。これから夏に向けてみなさんを笑顔にできるよう、一つ一つ丁寧に、色の組み合わせを考えながら行いました。好文祭に向けて、今は模擬店の準備の真っ最中です。
「気づき、考え、実行する」の考えのもと、同好会のメンバーだけでなく、多くの人に広めて一緒に参加することを目標に活動しており、より多くの達成感を得られるよう、頑張っています。

【県総体】弓道部 女子個人でインターハイ出場

 6月2日から行われた県総体で、私は個人2位、射道優秀賞を取ることができました。昨年度、好文館は男子団体、個人ともにインターハイ出場を決め、団体では射道最優秀賞を受賞していました。そんな素晴らしい先輩方に頂いた指導はどれも的確で、また練習への姿勢や緊張感は勉強になるものばかりでした。そして自分も先輩方のように的中だけではなく、射の内容まで評価される選手になりたいと思いました。その目標を達成するために、限られた練習時間の中で、その日の目標を設定して、それをどうすれば必ず達成できるのか、試行錯誤を繰り返してきました。他の高校の選手を見て、自分の好きな射形の方を探したり、自分なりに分析してみたり、知識も技術も未熟でわからないことばかりでしたが、先輩方や周りのみんなのアドバイスのおかげで少しずつ自分の思う良い射に近づくことができました。大会2日目の個人戦では、前日まであまり調子が良くなかったことからいつも以上に緊張して不安でいっぱいでした。ですが、応援席に好文のみんなが見えてとても励まされました。予選を8射7中で通過し、最終的な総的中は20射16中で、2位、射道審査の結果、射道優秀賞を取ることができました。上位大会への出場権を手に入れた喜びと、1射の重みや大切さを改めて感じた1日でした。6月23日に山形で行われる東北大会、8月2日に静岡で行われるインターハイに出場することができるので、周りの雰囲気や緊張感に左右されずに堂々と自分の射ができるように、より具体的な目標を立て、自分にプレッシャーをかけながら、質の良い練習を心がけて頑張りたいと思います。(2年 千葉晴香)

AED・心肺蘇生法講習会

 6月14日(木)本校職員を対象にAED・心肺蘇生法講習会がおこなわれました。
 この講習会は、毎年おこなわれ、今回も石巻消防署南分署職員2名を講師として救急車が来るまでの救命処置として基本的な心肺蘇生法とAEDの使用について実施しました。
 救急車が到着する時間はその地域によって異なり、本校の場合約5分ということでした。心肺停止になった人への措置として救急車が来るまで心蘇生法を続けておこなうこと、AEDを使用することの重要性について改めて学ぶことができました。
  AEDは、本校でも保健室前と体育館に設置しています。