【甲斐TIMES】2年次甲斐たいむ 分野別課題研究基礎講習(4)・(5)

今週は甲斐たいむ2本立てとなります。

5/10(水)の1本目は,集めた情報を整理するために役立つシンキングツールについて学びました。シンキングツールは「考える」ことを視覚化することにより助けてくれる有効な手段です。生徒たちは「ベン図」と「フィッシュボーン」に取り組みました。「散らかった部屋を片付けるにはどうしたらよい?」をテーマに「フィッシュボーン」を使って,対策をグループで話し合いました。

話し合った内容が視覚的に紙の上に整理されて残るために,ただ話し合うよりも多くのアイディアが出たり,自分が考えなかったアイディアを発見したり,生徒はイキイキと活動していました。

      

本日5/12(金)の2本目は,先週に引き続きシンキングツールの「クラゲチャート」を使い,新聞の社説の要約に挑戦。要約は苦手という高校生は多いですが,「クラゲチャート」を使い,生徒たちは最終的に文章で要約しました。「クラゲチャート」を使うことで,「言いたいことをすっきりまとめることができる」「要約の内容を聞いたときにも相手の話が分かりやすく感じた」という感想が生徒から出ていました。活動に取り組んでいる生徒の表情を見ながら,シンキングツールを一つのきっかけとして,「考える」楽しさを実感したのではないかと感じました。

【甲斐TIMES】2年次甲斐たいむ 分野別課題研究基礎講習(3)

今日で分野別課題研究基礎講習も3回目となりました。先週は,自分の興味関心から問いを立てるために必要なことを学びました。しかし,問いを立てることは簡単なことではありません。たくさんの文献や資料を読む必要があります。今回の基礎講習では,文献や資料を学校の図書館や,地域の図書館,宮城県図書館などを活用して検索する方法を学びました。図書館のウェブサイトで提供されている蔵書検索機能を使い,自分の問いのキーワードを入れると,たくさんの文献がヒット!生徒は興味のある本や資料のタイトルをメモしていました。

また,信頼できるウェブサイトをどのように判断するか学びました。インターネット上のまとめサイトなどは信頼できるかどうか,生徒同士で話し合います。生徒から多くの意見が出ていた様子を見て本校生徒の情報リテラシーの意識は高い!と感心しました。インターネット上の情報も賢く活用したいものです。

【甲斐TIMES】2年次甲斐たいむ 分野別課題研究基礎講習(2)

分野別課題研究基礎講習の2回目が行われました。基礎講習1回目では,自分の興味関心を掘り下げ,キーワードを探しました。今回は自分の興味関心からどのように問い(研究テーマ)につなげるか講義を受けました。「問いはYES/NOで答えることができる疑問形にする」「大きすぎない」「専門的すぎない」などのポイントを押さえ,実際に自分で問いを作成してみます。その後,作成した問いについて周囲の人と発表し合いました。他の人の話を聞くことで,自分の問いが深めることができた人もいたようです。

また,問いにつなげるための情報収集についても学びました。スキャニング(ざっと読み)やスキミング(キーワードの拾い読み)などのテクニックを使って,限られた時間で数多くの資料に目を通せることが紹介されました。

本日の講習を受けての感想です。「1年生で学んだ社会人講話などで興味を持った分野があるので,それについて詳しく深めることができたらいいなと思いました。」(4組 熊谷陽希さん)「研究をする上で大事なことを今回の授業で学ぶことができたのでこれからの授業で生かしていきたいと思います」(4組 山本周作さん)

自ら積極的に情報収集を行い,ぜひ自分なりの問いを深めていってください。期待しています!