1年次甲斐たいむ 社会人講話振り返り

先日行われた,社会人講話の振り返りを2週に渡って行います。7/11の1回目の振り返りでは,講師の先生方から聞いた話を,自分の中でさらに深めていくため,社会人講話を受けて自分なりの「キーワード」を出してもらいます。さらにそのキーワードに至ったお話と,それによって今後自分がどう変化していくか,「実践したいこと」をワークシートに書き,グループ内で発表してもらいます。

 同じ講師の先生のお話を聞いていても,出てくるキーワードや印象に残った話は三者三様であり,自分自身の価値観,相手の価値観との違いを認め合う一つの機会になったかと思います。

 また,惜しくも聞くことのできなかった講師の先生のお話を聞くことも出来,お互いの情報共有につながったかと思います。

7/19に行われた2回目の振り返りでは,前回出してもらったキーワードをもとに,班のメンバーでキーワードや,印象に残った話を付箋を使って一枚の模造紙にまとめてもらい,班の中で 社会人講話を通して得た 「甲斐ある人」に近づくために必要なことを考えてもらいました。付箋を使って全員で意見を出し合い,その後各自の付箋を分類して,キーワードを捻出します。自分ひとりで考えるよりも,周りの意見を反映しながらまとめることで,生徒たちの多角的な見方を引き出すことがねらいです。

 これまでの甲斐たいむを通して,1年次では自分をみつめ深化し,社会人講話を得て,社会の先輩方の話に耳を傾け,さらに生徒同士で意見を共有し合うことで自己と周りをより深く考える時間を作ってきました。

 夏休みが明けると,自己と周りとの関わりについて実際に行動する「ボランティア活動」を予定しています。1年次の生徒たちの成長が目に見える機会となります,ご期待ください。