1年次制服セミナー

 1年次の制服セミナーが4月12日(水)に体育館でおこなわれ、宮城菅公学生服株式会社の社員2名から、制服の正しい着こなしについて講義を受けました。
 2名の講師は、「制服の必要性」「人の見た目と第一印象について」「ステキな身の嗜み・着こなし」「犯罪心理と自己防衛」の4つの章立てのもと、制服が私たちに与える影響に触れ、「制服はオフィシャルウェアで、着装のマナーを磨く教科書です。着こなしを通じ、将来の自分に向けて外見力を磨きましょう。」と呼びかけました。
 生徒からは、「正しく着こなし、将来役立てられるようにしたい。」「私たちが好文館高校の制服を着ることは、好文館の名を背負うことだと思うので、恥じないよう着こなしに注意したい。」といった感想が多く挙げられました。